照の会について

次の時代の為に

照の会 上田拓司

 阪神大震災にて神戸市長田区は大きな被害を受け、自宅も全壊しました。その時の体験より社会に対し、自分が出来ることを思索し、自分の子供たちとその世代のことを思い「次の時代のために」と題しその年の春、第1回照の会を、開催しました。
 早逝した父照也の名にちなみ、また、照也が申しておりました「点を線にしたい」と言う言葉から「照の会」は照也と長男、宜照たちの時代を私を経て線につなぐという願いをこめて名付けました。


写真は「隅田川」
シテ 上田照也