はくらくてん

白楽天―脇能―

「不知火の、筑紫の海の朝ぼらけ。月のみ残る、景色かな。巨水満々として、碧浪天を浸し…」漁夫が二人が登場し、最初の詞です。玄海灘に船に浮かみ、朝ぼらけの中に月のみがあり、辺りの海には、巨水満々とあり、青い波が天まで浸している様に思える。そこにいる漁夫二人は、実は神である。
 二十歳の頃、能の基本は、生命である。一所懸命に生きる姿である。これが基盤としてなければ、能は出来ない。という様な事を言われ、「白楽天」、「老松」といった曲を、稽古して頂き、稽古会でさせて頂いたものです。実際に人前でするには無理であると言われ、今回、初演になります。先にあげた最初の文、何も分からない私に、例えば橋掛は、人間の世界ではない、荘重感が漂うように、などと言葉を工夫し、教えて頂いた事を思い出します。
 和国(日本)の翫び(もてあそび)、和歌、舞楽。神の舞楽というべきもの、それは、大自然と、調和した、例えば、波の音は鼓、龍の吟ずる声(風)は笛、「舞人はこの尉が、老の波の上に立って、青海に浮かみつつ、海青楽を舞うべしや。」老漁夫が船ではなく、波の上に立って、海青楽の舞楽を舞う。その老漁夫は、住吉明神であり、「住吉現じ給えば、伊勢、石清水、賀茂、春日、鹿島、三島…」住吉明神と共に、神々が「海上に浮かんで、海青楽を舞い給えば、」夢を通り越した情景と感じます。神々の舞の衣の風が、手風神風で、白楽天の船は吹き戻されます。
 舞台を勤めておりまして、「強く」と言うと「きつく」なったり「荒く」なったりしてしまい、「強い」と言う事が中々わからない様に思いますが、自分自身、文章を見ているだけでは感じ切れない事が、ほんの少し感じられる様になった気がして、一人で喜んでおります。

平成十六年二月二十八日 上田観正会定式能
                   上田拓司